ヒーリング・ストーンセラピー

【ホットストーンセラピーとは】 玄武岩を50℃~60℃のお湯で温めます。温めた大きめのストーンを体の疲れの出やすい背中(肩・肩甲骨・腰)に並べたり、足裏や手のひらに置いたり、足の指に小さなストーンを挟んだり、温めたすべすべのストーンをオイルを塗布した体の上で滑らせ、筋肉の流れに合わせて全身マッサージをおこないます。
人混みに出ると疲れやすかったり、他人の念を受けて、心身の調和を乱しやすい人は、 自分の体の周波数を整えると、マイナスエネルギー・霊的エネルギーの影響を受けにくくなります。